オゾン機器人気ランキング

感染拡大の猛威をふるい続ける新型コロナウイルス。収束する雰囲気すら見えない状況にあるなか、人と環境に優しいオゾン発生器に注目し、既に導入している企業や施設、個人は少なくありません。

インターネットのショッピングサイトを見ると、オゾン機器人気ランキングを見つけることができます。どんなオゾン発生機器が実際に購入されているのか。ここではサイトから見た人気機器ランキングを紹介します。(2020年11月現在の情報を基に紹介しています)

4008621_s

オゾンマート

1位 オースリークリア3

3位 オースリークリア2

「ネット専業」で「工場直販」のオゾン発生器専門店のオゾンマート。ここでの人気機器はオースクリアで、2019年にフルモデルチェンジしたオースクリア3が1位、オースクリア2が3位となっています。オースクリアが選ばれている理由は、オゾン発生量が多いのに他社製品よりもコンパクトな設計であること、オゾン水の生成も可能であることなどが挙げられます。とくにオースクリア3の能力はオースクリア2の2倍以上。部屋に染み付いた生活臭やタバコ臭、カビ臭、ペット臭などを強力に酸化・分解し、根本から取り除きます。

2位 オゾンクラスター1400

ホテルやオフィスなど、主に業務用としてのニーズが高い製品がオゾンクラスター1400です。新型コロナウイルスの流行以来、人の出入りが多い商業施設などからの需要がさらに伸びています。オゾン生成量は1400mg/hrと超ハイスペック。強力ファンで広い室内で使っても隅々にまでオゾンが素早く広がってしっかり除菌・脱臭します。「とくに臭いか強い部屋」での利用におすすめです。

https://www.ozonemart.jp/wp/archives/product_lp

楽天

1位 クオフューチャー

累計13,000台を突破したコンセント不要のコンパクトな充電式オゾン脱臭機。車中や家中のどこでも、臭いの気になる場所にすぐに持ち運べて脱臭・除菌ができます。本体が生活防水仕様になっており、入浴後の浴室でオゾンを発生させるとカビの発生を抑制できるなど、手軽に使えるのに便利と、ユーザーからの指示がかなり高い製品です。家庭用としてはもちろんのこと業務用のパワーモードも搭載しているので、店舗や臭いの強い場所での使用にも対応できます。

2位 カドーSAP

機能的でコンパクトなデザインが目を引くオゾンを利用した除菌脱臭機。空気中のにおいの原因となる物質をオゾンで分解、除去後に金属触媒がオゾンと反応することで素早い脱臭と除菌を行います。そのうえで染み付いた臭いを取り除くために低濃度オゾンを放出して徹底的に脱臭します。LEDライトを内蔵しているので、ベッドサイドに置いてナイトライトとして使用することもできるという、ネット通販での高い人気がわかる、とにかくお洒落な設計です。

https://ranking.rakuten.co.jp/keyword/ozone_generator/

イプロスものづくり

1位 オーニット 爽やかイオンプラスCS-4

低濃度オゾン+マイナスイオンで清潔で爽やかな空間にする小規模空間用オゾン発生装置。部屋の広さや臭いの強さによりオゾン発生量を3段階で切り替えられます。また、設置場所を選ばないコンパクトサイズで、付属の金具を使用して壁掛けでの使用も可能です。イオン風生成器でオゾンを拡散する静音設計でファンの音を気にせずに24時間使用でき、月々の電気代は15円程度と低ランニングコストである点も選ばれる理由です。

2位 タムラテコ BT-180H

日本最大級のBtoBデータベースサイトである「イプロスものづくり」でも注目されているのがオゾン空気清浄機器。なかでもBT-180Hは、オゾンエアが室内の浮遊菌や付着菌を除菌し、臭いの原因物質も分解する点で、新型コロナウイルスの不活性化が期待されています。無人環境下でのオゾン最大発生量600mg/hで強力に空間を除菌しますが、有人環境下では0.1ppm程度のオゾンエアを発生させて、人と環境に優しく除菌と消臭を行います。置き場所を選ばないスマートで清潔感あふれるボディデザインも指示されているポイントです。

タムラテコは、奈良県立医科大学をはじめとする一般社団法人MBTコンソーシアムのメンバーとしてオゾンガスによる新型コロナウイルスの無害化実験に世界で初めて成功しました。

https://www.ipros.jp/ranking/product/category/3/419/

レンティオ

1位 富士通 PLAZION DAS-303K

除菌脱臭機でのおすすめ機種を紹介しているレンティオで最も注目されているPLAZION(プラズイオン)。除菌脱臭方法は、低濃度オゾンに加えてプラズマイオン、触媒フィルターの3種類を組み合わせたものと、かなりパワフルな設計になっています。

放出されるオゾンは最大でも約0.03ppmと低濃度で、余分なオゾンは再び吸い込まれて触媒フィルターで分解される安心設計。空気清浄機能に加えて加湿機能も搭載している多機能な点も注目ポイントです。

2位 マクセル オゾネオプラス MXAP-APL250

特許技術「多重リング式コロナ放電」を搭載して、低濃度オゾンとイオン風を効果的に発生させる除菌消臭器。オゾンがもつ強い酸化力で空気中に漂う菌やウイルスを元から分解します。

コンパクトなボディにはモーターやファンを使用していないので、寝室などの音が気になる場所でも快適に使用できます。メンテナンスも電源ユニットを掃除するだけと簡単で、面倒なフィルター交換が不要で経済的です。

タイマーは3段階に設定可能で、モード切り替えでオゾン発生量の調節ができます。

https://www.rentio.jp/matome/2020/06/deodorizer-compare/
Shopping Basket