オゾンによる新型コロナウイルス不活化を確認

奈良県立医科大学(微生物感染症学 矢野寿一教授、感染症センター 笠原敬センター長)とMBTコンソーシアム(感染症部会会員企業:クオールホールディングス㈱、三友商事㈱、㈱タムラテコ)の研究グループは世界で初めてオゾンガス曝露による新型コロナウイルスの不活化を確認しました。

〈背景〉

診察室や集会場等においては、感染拡大防止のため使用後は手作業によるアルコール拭き等で除菌を行っており、労力と時間がかかっていました。この課題を解決する手段の一つとして、オゾンガスによる除菌が提唱されていましたが、その医学的エビデンスはありませんでした。

奈良県立医科大学を中心とする研究グループはオゾンガス曝露による新型コロナウイルスの不活化実験を行い、オゾンにより、新型コロナウイルスが不活化されること、ならびにオゾンの濃度と曝露時間の条件とオゾンの不活化の関係について実験的に明らかにしました。

〈まとめ〉

今回の研究では、オゾンにより最大1/10000まで不活化することを確認しました。これはオゾンの実用的な条件下で、新型コロナウイルスを不活化できることを示しています。

http://www.naramed-u.ac.jp/university/kenkyu-sangakukan/oshirase/r2nendo/documents/press_2.pdf

Comments are closed.